1. トップページ
  2. 乾燥小じわが浮いてこないメイク方法

乾燥小じわが浮いてこないメイク方法

肌奥を保湿するケアで化粧が浮いてこなくなる

乾燥小じわがある部分は、小じわ部分のお化粧が寄れたり浮いてきて、余計にシワが目立ってしまいがちです。

これを防ぐには、角質層に水分を満たしたあとにメイクをします。

潤い成分があるファンデーションなどもいいですが、肌角質が乾いているとそれら化粧品の潤い効果はあまり長続きしません。

乾いた餅の上に濡れたティッシュをおくと、ティッシュの水分が餅に奪われていきます。その際にお化粧成分の割合が変わってしまい、メイクの見た目にも変化を起こしてしまいます。

だから、まずは自分の肌を潤わせることが重要です。

ここで大事なのが、肌表面を保湿してはいけないということです。

手触りがいい保湿化粧品は化粧崩れしてしまうので注意

保湿系化粧品には潤い感を出すために、肌表面に保湿感を出すものが多くあります。目安として、ナノサイズ化されていないコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水やクリーム等です。

これらは潤いを強く感じることができますが、あくまで肌表面に乗っかている、フタをしているだけなので、その上から化粧をすると崩れやすくなったり、伸びが悪くなったり、そのメイク化粧品本来の発色や性能が出にくくなります。

化粧のりが良くなり、メイクも浮いたり崩れない保湿方法は、一歩奥の角質層に水分を満たすことです。

それにはこの部分に元からあるセラミド、NMFを主体とした保湿化粧品がベストとなります。

セラミドとNMFは肌表面ではなく一歩奥なので、メイク化粧品の性能発揮に邪魔せず、適切な肌水分量をキープできることから、長時間に渡りメイク崩れ、ヨレを予防することができます。

メイク成分自体の水分も奪われにくくなるので、小じわ部分への入り込みと凹みもなくなるので、乾燥小じわが目立つのを予防することも可能です。

同時にこの保湿方法は肌を育てる、肌がとても喜ぶ保湿方法です。

毎日の基礎化粧品として毎朝取り入れると、お化粧の持ちが良くなるだけでなく、だんだんと肌のキメが細かくなり、乾燥小じわを目立たなくさせることができます。