乾燥小じわ対策 - 失敗しない化粧品選び

目の下や周りに年々増えていく小じわ。

小じわは10代であっても目尻にできるほど厄介な肌老化。

まだ小じわだから消える!とシワを消すスキンケアをすると、実は余計に小じわが増える確率が高いことを知っていますか?

シワを消そうとすると乾燥小じわが増える理由

小じわを消す対策が逆効果になるってこと?

そうです。

シワには深いシワと浅い小じわに分かれますが、シワを消すスキンケアをやるとむしろ小じわが増えやすいのです。

それは、深いシワと小じわの原因が違うからです。

深いシワは肌の奥のほうの部分の凹み。小じわは肌の一番表の部分の凹みです。

そして小じわの原因は乾燥なのですが、シワを消すスキンケアや化粧品の中には、肌を乾燥させて小じわをより目立たせるものがあります。

何かスキンケアを頑張るということは、それだけ肌の表面を刺激し、セラミドという保湿成分を失わせることになるんです。セラミドが減少すると肌は乾燥し、肌表面の角質層が縮こまって硬くなります。そのシワ寄せが乾燥小じわというわけ。

保湿パックは諸刃の剣。実は乾燥小じわの根源かも

じゃあパックもダメ?

パック自体が全てアウトではありませんが、乾燥小じわをひどくするパックもあります。

パックというと肌がすごく潤うので人気ですが、その潤いに騙されていることがあります。

パックによってたっぷりの保湿成分や水分が肌に浸透しているように思えますが、実際はほとんどが浸透せず肌の表面にある状態なんです。

だから、潤っていると感じるんです。

でも美肌の人の肌を一度触らせてもらってください。パック後のような肌触りではないでしょう。つまり、パック後の潤い感というのは、ただ肌に入りきらない保湿成分と水分が溢れているだけ。

そして、その溢れた水分というのは、いずれ蒸発していきます。

この際に、肌表面に大量に残った保湿成分が、逆に肌の水分を吸湿し始めます。

パックは長時間やるとシートに水分を吸われるから余計に乾燥すると言われますが、それ以外にも、肌表面に大量に残った保湿成分でも同じことがおきます。

すると肌はパックをする度に乾燥することになり、乾燥小じわがどんどん増えていく。しかしパックの効果で、まだこれくらいで済んでいるんだと思い込む女性が多いので、より小じわが増えて止まらなくなることに。

シワを消す化粧品で小じわが悪化

う~ん。だったらシワを消す化粧品というのもダメなの?

そもそもシワを消せる化粧品というのはありません。

シワの原因に働きかけるとされている成分が入っているかどうかですね。

たとえばレチノール。これはビタミンA由来で、深いシワ原因となっている部分のコラーゲン生成を促進させる作用があります。

しかし刺激が強く、肌を乾燥させるデメリットもあります。なので、人によっては乾燥がひどくなり、小じわがもっとくっきり目立つようになることもあります。

小じわは深いシワに成長しないから安心…というわけでもない

だったらできることがないじゃない?小じわを放っておくとどんどん深くなるし…

実は小じわがそのまま深いシワになるわけではありません。

小じわは肌の表面部分。深いシワはもっと奥の部分にできるもので、それぞれ原因が違うため、小じわが悪化して深いシワになるわけではありません。

ただ、小じわができやすい肌というのは、深いシワができやすい肌状態なのは間違いありません。その意味では、乾燥小じわを早くストップさせないと、深いシワが一杯増えてきてしまうということにはなりますね。

あの保湿方法じゃ乾燥小じわは目立ったまま

ならどうやって乾燥小じわを止めることができるの?

小じわは乾燥が原因。これが全て。なので保湿対策しかありません。

ただ、一般的な保湿では効果がさっぱりなケースも目立ちます。

ポイントは、小じわができている部分に水分を増やすことです。

つまり角質層の肌水分量をあげること。しかも一時的ではなく、ずっと継続的に。

この状態を継続できると、縮こまっていた部分がふっくらして小じわが目立たなくなります。さらに肌細胞の生まれ変わりが順調にいくため、それまでより肌状態を新しく保つこともでき、より小じわができにくい肌になっていきます。

乾燥小じわ対策には保水力アップが不可欠!

それって普通の保湿じゃないの?

保湿といっても、本当に肌水分量を増やして維持できる「保水力」を高められる保湿方法は限られています。

例えばワセリンは定番保湿ですが、ワセリン自体に保水力アップの力はありません。

ワセリンによって肌の水分量蒸発を抑え、肌細胞の生まれ変わりを促進。そのときに生まれるセラミド量をアップさせあるためのものです。

だから、ワセリン保湿も続ければ意味がありますが、小じわに対して即効性があるわけでもないし、何より寝不足や食生活、ストレスなどによって肌細胞の生まれ変わりが鈍っている人が多く、ワセリン効果を感じられない人が多い現状があります。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンなども同じ。これらも肌の水分が蒸発するのを抑える作用しかありません。

ヒアルロン酸は低分子化が狙い目

おかしいよ!それ。だってヒアルロン酸が角質層に浸透して…ってある化粧品に書いてあったよ?

それは低分子ヒアルロン酸や低分子コラーゲンのことです。

確かに低分子化されたヒアルロン酸等は、角質層に水分を抱えたまま浸透して肌水分量を上げます。

肌水分量が上がっている!という実感を感じたいなら、低分子化されて角質層に浸透するかどうかがポイントです。

低分子+高分子(通常)のコンビで乾燥小じわが目立たなくなる

だったら低分子化ヒアルロン酸やコラーゲンで乾燥小じわ対策はバッチリね?

低分子化だけではいけません。

低分子化されたヒアルロン酸やコラーゲンは水分を引き連れて肌水分量を引き上げますが、保水力という意味では劣っています。

なので、いわゆるフタをして入れ込んだ水分を逃さないことも必要。これで初めて、乾燥小じわを目立たなくさせる保水力が実現されます。つまり低分子化されていない、通常のヒアルロン酸等も同時に配合されていることを確認して下さい。

ただ、セラミドであれば、セラミド単体でこの保水力は実現されます。

そもそも乾燥小じわができる直接の原因がセラミド不足なので、セラミドを補えば保水力はアップして小じわは目立たなくなります。

セラミドVSヒアルロン酸・コラーゲン

だったらセラミドのほうがいい?ヒアルロン酸やコラーゲンとどっちがいいかな?

どちらも乾燥小じわに優れた保湿成分ですが、使い心地や即効性などで選ぶといいでしょう。

例えば、セラミドは角質層の中で安定するため、肌表面に皮膜を残しません。逆にヒアルロン酸等は皮膜を形成するため、汗をかいたり、メイクをするときにヌルっとした感じが戻る場合があります。

即効性の点で言うと、セラミドはより自然な分穏やか。逆にヒアルロン酸やコラーゲンは低分子化の作用で水分感がかなり実感でき、それだけで目立たなくなる小じわもあります。

同窓会や結婚式など日がない場合はヒアルロン酸やコラーゲンで速攻ケア。より自然に、肌本来の美しさを維持していきたいのならセラミドというのが私の考えですね。

乾燥小じわ原因をストップ!これもできればツヤハリ美人へ

じゃあどっちかで保湿すればO.K.ね?あとは楽しみに待つだけ!

間違いではありませんが、大きな注意点があります。

それは洗顔・クレンジングです。

女性の乾燥小じわの大きな原因が、洗顔・クレンジングによるセラミド不足です。

セラミドは皮脂汚れと同じく脂質性があるため、洗顔・クレンジングによってどうやっても減少します。

つまり洗い過ぎやこすり過ぎ、洗浄力が強すぎる洗顔剤等の使用が続くと、いくら後で保湿しても保水力が戻らず、乾燥小じわが悪化してしまうことも。

特に小じわが気になるばっかりに、入念に洗ってしまう人もいますが、いくら小じわを触ってもマッサージしても消えることはなく、むしろ乾燥させて余計に悪化させてしまうことに注意してください。

セラミドタイプの乾燥小じわ対策化粧品

第1位 ディセンシア アヤナス

トライアル10日分 セラミド 深いシワにも対応 敏感肌専門

敏感肌専門ブランドのディセンシア。ヒト型という肌に浸透性と馴染みに優れたセラミドをたっぷり配合。ヒアルロン酸よりもっちりとした仕上がりでより自然で均一的な肌に。

レチノールの刺激性は敏感肌には使いづらいため、オリジナルの同等成分CVアルギネートを採用。弱い肌でも、乾燥小じわと同時に深いシワへの配慮も可能になっています。デリケートな目の周りも全く気にせず使えます。

特許技術の肌バリア機能のおかげで、いつの間にか荒れているという肌トラブルもセラミドとともにガード。同成分で日中も乾燥小じわを目立たなくさせつつケアできる、セラミドカバーBBクリームも魅力的ですね。

第2位 フジフィルム アスタリフト

トライアル5日分 セラミド コラーゲン 深いシワにも対応 高浸透技術

浸透技術では抜けた存在のフジフィルム。乾燥小じわの抑制につながる種類のセラミドを豊富に配合。さらに3種類のコラーゲンで水分を確保。高い浸透技術で底からふっくらとモチモチ肌になる感覚がトライアルではっきり分かります。

赤色由来のアスタキサンチンはビタミンCはやビタミンE、コエンザイムQ10などが比較にならないほどの美容パワー。深いシワが気になって仕方がない人は使っておいて損はないスーパー美容成分です。

第3位 ユーグレナB.C.A.D.

トライアル5日分 セラミド 深いシワにも対応

ヒト型セラミドとそのセラミドの材料となる前駆体の両方を配合。ビフィズス菌発酵エキスなど発酵酵母、フルーツ・ハーブなど多数の潤いで乾燥小じわをしっかり潤いで目立たなくさせます。

緑色の色素はユーグレナ、つまりミドリムシ。このミドリムシは太古から形を変えない生命力の元祖。今このユーグレナが肌が本来持っている美しくなろうとする力を助けると注目されています。表面の乾燥小じわをケアしつつ、まだ諦めていない肌をもう一度引き上げる先進的エイジングコスメです。

ヒアルロン酸・コラーゲンタイプの乾燥小じわ対策化粧品

第1位 グラシュープラス

初回大幅割引 ヒアルロン酸 セラミド アイクリーム

浸透する低分子ヒアルロン酸、フタをする高分子ヒアルロン酸に加え、はがれ落ちやすい高分子ヒアルロン酸と肌を繋いで維持するスーパーヒアルロン酸のトリプル保湿。さらに単独で保水力を発揮するセラミドを加えたことで、より長くヒアルロン酸が持つ保水力アップを維持できます。

特に目元の悩みに特化して作られたアイクリームとなっており、プラセンタエキスによる美白。デリケートな目元の乾燥小じわとくすんだ透明感が気になる人には魅力的なアイクリームですね。

初回は本製品1500円とお得。

第2位 トワエッセ モアヴァールエッセンス

美容液 ヒアルロン酸 深いシワにも対応 30日間返金保証

ヒアルロン酸による保水力アップをベースに、人工皮膜成分で乾燥小じわでたるんだ肌を引き上げガード。各主成分の浸透と維持を持続させ、乾燥小じわだけではないエイジングケアを可能にした美容液です。

レチノールも入っており、深いシワのケアも可能。保水力がしっかりしているのでレチノールの作用も安心。小じわも将来のシワも両方ケアしたい人は興味を持たれると思いますよ。

第3位 フォーマルクライン フラバンジェノール

トライアル7日分 ヒアルロン酸 フラバンジェノール

ヒアルロン酸に木の樹皮から採れるフラバンジェノールとの組み合わせは、セラミド以上の水分蒸発抑制力。低分子と高分子の保湿成分で長く乾燥小じわを目立たなくさせる仕組み。

フラバンジェノールのポリフェノールパワーはビタミンCの600倍。乾燥小じわの後ろに迫ってきている深いシワ。早めのケアが高い保水力とともに肌を守ってくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る